レオパレス21事業レポート(2018年3月期上期) | レオパレス21からのお知らせ | クラス エル - レオパレス21のオーナー様向け会員組織
  1. トップ
  2. レオパレス21からのお知らせ
  3. レオパレス21事業レポート(2018年3月期上期)

レオパレス21からのお知らせ

ヘッダやメニューをスキップして本文へ直接リンクします

レオパレス21事業レポート(2018年3月期上期)

オーナー会にて詳細をご報告させていただいている決算内容と近況・取組みについて、お知らせいたします。詳細は下記よりご確認ください。

btn_44_q2_01

 

2018年3月期上期決算と近況のご報告

売上高は計画通りとなり、不断のコスト見直しにより営業利益と経常利益は計画超過、保有不動産の売却による減損発生も税効果でカバーし、純利益も計画超過となりました。
また、各事業においては、

 ■賃貸事業

旺盛な法人需要により入居率が好調に推移し、長期の賃貸契約により入居期間の長期化や稼動の安定化を実現しました。

■開発事業

競合激化の影響から前年割れで進捗。工程・引渡の前倒しと利益率向上により計画比は増収増益となりました。

■シルバー事業

成長戦略事業と位置付け、施設数の増加と運営の安定化を図る。日本社会の高齢化に対応すべく施設の拡充を計画。(2017年11月1日時点で82施設)量の拡大とともに原価のコントロールにより採算を確保する方針です。

■ホテルリゾート・その他事業

ホテル事業では、取引法人への利用促進から稼働率が向上。札幌は10月に新館をオープンし、客室数が86室から195室と倍増いたしました。
レオパレスリゾートではグアム来島軍人による利用が開始し、客層の多様化を図ると共にエグゼクティブ専用フロア「メダリオンフロア」を開設いたしました。

■国際事業

日本で培ったノウハウを基に、海外で賃貸事業を展開。従来の外国人に日本国内物件を紹介する事業に加え、東南アジアで日本人や日系企業向けの現地不動産仲介・紹介業を10ヶ国16都市にて展開しております。

 

img_45_uriage

 

売上高は、2,587億円となり、前年同期と比べると1.4%プラス
計画に対しても0.3%プラス

img_45_uriage02

 

営業利益は、139億円となり、前年同期と比べると23.4%プラス
計画に対しても44.2%プラス

img_45_uriage03

 

純利益は、94億円となり、前年度同期と比べると2.0%プラス
計画に対しても26.5%プラス

img_45_uriage04

 

 

オーナー様に向けた新たな取組みについて

 

資産形成のための新しいメニューをご用意

img_45_uriage05

アパート経営だけでなく、オーナー様のご要望にこたえる新たな取組みとして、都心部でも少額から投資が可能な「不動産小口化商品 LOVIE」、手続きが簡便で長期投資でリスクを抑えた「オーナー持株会」をご用意いたしました。

btn_01

 

オーナー様向け防災アプリ「ClassL LIFE」

img_45_uriage06

ClassL LIFE」とは、災害時の安否確認連絡や災害情報(地震・台風・津波等)をプッシュ通知でお知らせします。また、ご家族間で活動状況を確認できる「みまもり機能」や、クラスエルサービスを便利にご利用いただける機能を搭載。日常から万が一までをサポートいたします。

btn_02

 

全国120ヶ所以上「春のオーナー様懇親イベント」を開催

img_45_uriage07

2018年2月より全国120ヶ所以上で「春のオーナー様懇親イベント」を開催いたします。水上から楽しむお食事会や公園・お城散策ツアー、スポーツ・体験イベントをご用意しております。どちらの地域にも何度でもご参加が可能ですので、ご家族皆さまでぜひお越しください。

btn_03

 

オーナー様ご訪問の実施

近年、特に力を入れて取り組んでいるのが、オーナー様宅へのご訪問です。日ごろ感じている疑問など、レオパレススタッフにぜひお伝えください。

詳細やその他の取り組みは下記よりご確認ください。(要ログイン)

btn_44_q2_01